HOME > もみの木ブログ > 季節 > 秋バテ

もみの木ブログ

< 睡眠  |  一覧へ戻る

秋バテ

暑い夏が終わり、涼しくなり始めたころ夏バテに似た症状が表われます。
身体がだるい、食欲がないなど9月下旬頃から出てきます。これを「秋バテ」と呼びます。

秋バテ。
・夏に冷たいものを食べたり、飲み過ぎた

・夏に溜めたストレスや疲れ
以上が主な理由が挙げられます。

ちなみに夏バテの症状としては、食欲不振、睡眠不足などです。

まだまだ暑い日が続いていますが、夏のままの生活をしていると秋バテになりやすくなります。
例えば、暑いからといって冷たいものを食べたり飲んだりしていたり、薄着のまま生活していたりなどが多いと思います。
日中はまだま暑い日が続いておりますが、朝夕は冷えてきている日があります。
身体の表面は熱いかもしれませんが、冷たいもので身体の中は冷え切っています。特に夏から冷たいものを食べたり、飲んだりしていた方はなおさらです。
内臓が冷え、倦怠感や自律神経の乱れを起こしています。

特に倦怠感や自律神経が乱れるとうつ傾向になったり、病気をしやくなったりすと言われています。
なんとなく疲れた、しんどいはこれらが原因の1つとも言えます。

対処法としては、温かいものを口にして内蔵を温めたり、しっかりと睡眠を取るなどすると効果的です。
お風呂にゆっくり入るというのも1つの手ですが長く入りすぎると逆に疲れてしまうので注意が必要です。

疲れた身体を癒やしてしっかりと冬に備えましょう!


もみの木オススメメニュー
整体・リラクゼーション
・整体→身体を整える
・足つぼ→血行を良くして身体を温める
・デンキバリブラシ→自律神経を整える

鍼灸→全身を整え、気持ちや内臓の疲れを取り除く


カテゴリ:

< 睡眠  |  一覧へ戻る

このページのトップへ