HOME > もみの木ブログ > コラム > 身体は食べたもので出来ている

もみの木ブログ

< 【募集中】ランナーのためのお灸教室  |  一覧へ戻る  |  スマホを使いすぎて... >

身体は食べたもので出来ている



現在、募集中の講座はこちら↓
クービック予約システムから予約する


こんにちは。
みなさん、朝ごはんは毎朝食べていますか?

「食べてます!」という方は、何を食べていらっしゃいますか?

体質改善をする際、食事内容が重要です。
特に不妊治療の方には、食事内容は大切ということを知っていただきたいのですconfident

不妊でお困りの方は、意外と朝ごはんを食べていない方が多いです。
食べていても、「トーストにコーヒー」、「シリアルのみ」など。

そんな食事内容では、栄養が足りていません!!

身体がしっかりしていなければ、生殖機能は後回しにされてしまいます。
特に、やせ型タイプの方は要注意です!
BMIは22くらいが理想とされています。

痩せてスタイルが素敵なのは女性としては魅力を感じることですが、
不妊治療において痩せすぎ、太りすぎはよくないのです。

ほどよい体重を目指しましょう!

そして、適度な運動と栄養面がしっかりした食事をとりましょう。

栄養面がしっかりした食事とは、昔ながらの和食が理想です。
一汁三菜flair
ごはん、具がいっぱい入ったみそ汁、メインのおかずに付け合わせ、などなど。。

特に妊活ではたんぱく質の摂取が重要です!
1回の食事で2種類以上のたんぱく質を取るように心がけてみてくださいね。
例えば、鮭がメインで納豆も食べる、など。

妊活において1回の食事に一つのたんぱく質では足りないのです…。

たんぱく質を取ることで気血が作られます!
ごはんもお野菜ももちろん大事です。

何事もバランスですねhappy01shine

妊活とは話がそれてしまいますが、具たくさんのみそ汁を毎日食べる学生は成績が良いようですよ!!
栄養をしっかり取ると頭の回転もよくなるのでしょうねgoodsign01

身体に不調を感じていたり、なんとなく自分に自信が持てない方は
騙されたと思って(?)具たくさんのみそ汁をまずは食べましょうwink

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

カテゴリ:

< 【募集中】ランナーのためのお灸教室  |  一覧へ戻る  |  スマホを使いすぎて... >

同じカテゴリの記事

骨盤はからだの要


こんにちは。鍼灸師の山内です!

来月は徳島マラソンがありますね!

スポーツにちなんで今回から少しずつからだのコンディショニングについて書いていこうと思います。

まずは、骨盤のお話。
骨盤は、腸骨・恥骨・坐骨の3つの骨が合わさりできた寛骨(左右で1つずつある)、そして仙骨と尾骨で形成されています。
足とも腰から上の部分とも繋がっており、ほぼ真ん中にあるので、からだの要とされています

これは、スポーツをしている人だけでなく、していない人にも注目してほしいことで、

なぜかというと、毎日のように、家事、勉強、仕事などスポーツでなくても筋肉を使って生活しているわけなので、
使ったままにしておくと、からだにゆがみができて様々な不調が出てきてしまいます…bearing

骨盤と関係の深い筋肉は、骨盤の前側にある腸腰筋やお尻の筋肉、太ももの筋肉です。
これらをストレッチでほぐしたり、テニスボールやタオルを結んで丸めたものをあてたり転がしたりして筋肉の疲れ・こりを取っていくと骨盤が整ってきます。

また、普段からの姿勢も大事で、いすに座るときは骨盤を立てて、坐骨で座るように気をつけてみましょうclover

お尻や太ももは意外と疲れやこりが溜まりやすい部分です。疲れやすい部分のケアからでも取り入れてみると良いと思いますよtulip


スマホを使いすぎて...

こんにちは!鍼灸師の山内です(^-^)

少し前に、ある友人から「最近、手首が痛くて…」と相談を受けました。
話を聞いていると、腱鞘炎のような感じなのですが、仕事や家事が原因というよりはスマホの使いすぎのようでした。coldsweats01


今はスマートフォンがあれば電話、メール、調べ物、買い物、お店の予約、ゲームなど何でもできるようになり便利なのですが、
身体へのよくない影響がたくさんあるので気をつけてもらいたいです。bearing

例えば…肩こりや腰痛、ストレートネック、目の疲れ、睡眠障害など。
もともとこれらの症状がある場合でも、スマホの使いすぎで悪化してしまっていることがありますsweat01

また、身体への影響だけでなく、集中力・運動能力・学習能力が低下したり、人間関係が希薄化したり、事故が起こってしまったりと色々な弊害があります。
気づかないうちにスマホ依存になっていることもあるので、スマホを使う時間を決めるなど、使いすぎには気をつけて過ごしましょうconfident



産後の身体の変化②(体重増加)



こんにちは。鍼灸師の齋藤麻衣です。
産後の身体の変化、その2!!「体重」についてですflair

みなさん、妊娠中は体重が増えますよね。
最近は医師の指導が厳しく、5~7キロ増で抑える人もいれば、
指導を受けつつ10キロ超えてしまう人もいると思いますcoldsweats01

妊娠中に体重が増えすぎてしまうと、糖尿病、高血圧、糖尿病などリスクが高まります。
私自身はというと、妊娠中に体重が10キロ増えました。

もともと細身(?)だったのですが、徳島に嫁いできて+10キロ増、
妊娠してさらに+10キロ増…通常の体重よりも20キロ増えてしまいましたcoldsweats02

体重も体脂肪率も今までに見たことがないような数字に驚いたものです。

産後の経過としましては、私は半年ほどで体重がマイナス10キロ、
さらに徐々に落ちて現在ではマイナス18~20キロをうろうろしています。

母乳がびっくりするほどよく出ていたので、それが関係しているかなと思います。

あとは、骨盤ケアをしっかりとしつつ、ある程度体力が戻ってきたところで
子どもと楽しみながらエクササイズ…という感じです。

産後、なかなか体重が落ちない!!と焦る方がおられるかもしれませんが、
産後1年ほどは焦らずに子供と向き合って育児を楽しみましょうwinkheart04

出産というとても大変な出来事を終えたのです。
身体が普段通りに戻るまで個人差はありますが、時間は必要です。

焦らずのんびりまったりと自分のこともいたわってくださいねheart04

骨盤ケアは骨盤ベルトなどを用いて行ってもよいですが、
自分では難しい!という方は将司先生の骨盤ケアを受けてみてくださいshine

産後の身体のケアに鍼灸治療も有効です。
整体もいいけど、鍼灸を試してみたい!という方はお気軽にご相談くださいwinkheart02

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

冷えについて


こんにちは!
鍼灸師の山内です!

寒い日が続いていますが、体調を崩されたりしていないでしょうかconfident
インフルエンザや風邪、胃腸炎などが流行っているので、気をつけてお過ごし下さいね。

今回は、冷えについてのお話です。snow

冷えが原因で起こる不調はさまざま…

 むくみ・眠れない・生理痛・やる気がでない・だるい・疲れやすい・お肌の調子が悪いなど

冷えは万病の元と言われているとおり、身体が冷えていると、良いことはあまりないのですweep

ですが、冷え対策としてすぐにできることはたくさんありますのでご安心下さいshine

どんなことがあるかというと…
①首、おなか周り、足首を冷やさないようにストールや腹巻き、レッグウォーマーなどを着用すること
②手浴、足浴をすること
③たくさん汗をかく運動より、ストレッチやウォーキングなどの少し疲れる程度の運動をすること
④発酵食品を食べること
⑤締め付けすぎない服装を心がけること(せめて休みの日や家の中だけでも)


ほかにも、白砂糖などの白い食べ物(お米は逆にカラダを温めてくれますspa)はカラダを冷やすと言われているので、できるだけ避けたい食品です!
ただ、我慢をしてストレスが溜まるのも良くないので、たまには息抜きとして好きなものを食べて気分転換しましょうwink

これらのことを、毎日の生活に取り入れて習慣にすることでカラダは変わってくるはずです!

最近はテレビ番組などでも温活特集をよく目にするので、自分に合った方法から始めてみるのもいいと思いますclover

面倒と思わずに実践してみると、意外と毎日を快適に過ごせるようになりますよheart04




産後の身体の変化(象のようにむくんだ足)



こんにちは、鍼灸師の齋藤麻衣です。
今日は、私の産後の経過をお伝えしたいと思いますhappy01

私が妊娠・出産を終えると同時に、不妊治療で通っていただいていた
患者様が次々と無事に出産報告をしてくださって嬉しい限りです。

産後のケアでご来院の予約をいただいた方には、
心ばかりですが、出産祝いをプレゼントさせていただいておりますshine
(お一人お一人にその都度ご準備させていただいているので、
出産祝いは毎回その人のことを考えて選ばせていただいておりますheart02

ご来院いただいた方のお話をお伺いするといろいろなことに不安になっていることが多いようです。
私自身、初めての子育てで不安に感じることがあったので、共感することもありますconfident

わたし自身は産後のケアには特に力を入れて過ごしたのではないかと思っています。
現在は、子どもを連れて参加することができる講座やイベントにあちこち参加中です。
少しでも皆様のご参考になれば幸いだと思いまして、私自身の産後についてお話します!

今日の主な内容は「産後、私自身が悩んだ症状について」
みなさん、お悩みの症状はそれぞれ異なるかと思います。
私が産後に悩んだ症状…それは!!
・象のようにむくんだ足
・体重の増加
・じんましん(首から下すべてかゆいweep
・骨盤周りの痛み(仙骨、恥骨が特に痛かった)
・くしゃみしたときに起こる尿漏れ
・肩こり(ひどいと手がしびれてました)
・手の関節の痛み(腱鞘炎)

切迫早産で2か月半の寝たきり生活だったこともあり、産後はかなりの筋力低下を伴っていました。
自分の子どもを抱っこしてお風呂に入れることができないほどの筋力低下に驚いたものです。
それもそのはず、2か月半はお箸くらいしか持っていなかったですし、
トイレ、2~3日に1回のシャワー、食事以外は横になっていましたので…coldsweats01

長くなってしまうので、今日は「象のようにむくんだ足」について書きますね。

産後、あまりのむくみのひどさに病院から処方されていた「当帰芍薬散」を服用しました。
薬は1か月ほど服用し、徐々にむくみは解消していきました。
助産師さんから むくみは「骨盤のゆがみ」が関係していると教えてもらいました。
産後、骨盤は本当にぐらぐらで踏ん張りたくても力が入らないくらい緩んでいたと思います。

わたしは産後2か月目から身体のケアを受けていましたflair
教えてもらったタオル体操をしたり、将司先生に骨盤ケアをしてもらったり。
個人差はあるかと思いますが、私の骨盤が固まり始めたのは産後5か月過ぎたくらいでした。
なので、それまでは整えてもちょっとしたことで戻って、また整えては戻っての繰り返しでした。
骨盤ベルトは「トコちゃんベルトⅡ」を使用していました。
産後、蕁麻疹がひどかったのでつけない日もありましたが、できるだけ装着していました。

骨盤が固まってくるまで、無理はしないようにしましょう。
産後1か月は本当に本当にゆっくり養生してほしいですconfident
産後はたくさんの血が出てしまうため、東洋医学では「血虚」といわれる状態になります。
「十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)」といった漢方薬は特におすすめです。
身体に足りないものを補ってくれますよgoodheart01
目を使うと「血虚」の状態が悪化して、まぶたが痙攣したり目がより疲れやすくなります。
できるだけスマホやテレビは見ないように心がけましょう!!

何回かに分けて経験談を書きますね!
気になる方はブログをたまに覗いてチェックしてくださいねheart04

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

このページのトップへ